Home  > スポンサー広告 > 昼間の中波について > BCL > 昼間の中波について

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

昼間の中波について

2010/03/07(Sun) 17:39

大地抵抗図

・いきなり 何ぞや?とお思いでしょうが、昼間の中波について考えました。
小生 全くの文系人間ですが、昼間の中波=地表波はこの大地抵抗が大きく関係してると思います。海、平野、丘陵、山とおおよそ別れている感じですが、赤いところが抵抗が大きく地表波が減衰していると思われます。
広島市周辺(島)が赤いです。当地ではRCC中国放送(本局20kW)がイマイチです。減衰していると勝手に解釈しております。

RCC

RCC中国放送はこんな感じです。(カメラ撮影がへたくそでスマン・303WA-2使用)

KBS京都

同じ出力20kWのKBS京都はこんな感じ(Sメーターがフルです)
だいたい当地からは同じ距離です(京都が少し遠いぐらいです)
参考として国土地理院のHPの「都道府県庁間の距離」ですと、
・高松→広島、145,8キロ
・高松→京都、174,2キロになってます。
今日は日曜日なので趣向をかえてみました。ではでは。

スポンサーサイト

Category:BCL

comment(2trackback(0

2010/03/07(Sun)20:10

当地和歌山市では、KBS京都は
公式的にはエリア内らしいですが、
昼間はSINPO25342で実用にはならないです。

四国地方は徳島のJRTは終日45444なのに
香川のRNCは25232でこちらはNGです。

一般的に海を挟んだ海上伝搬だと
聞きやすいと言われますが、当てはまりますかね?

名前:和歌山人 (URL) 編集

そうでしょう。

2010/03/07(Sun)21:59

和歌山ではKBS京都の入りが悪いらしいですね。FMの直接波だと海上伝搬うんぬんよく聞きますが、AM地表波も同様にあります。
http://asaseno.cool.ne.jp/germanium/propagation.html
↑のサイトはAM中波伝搬のことを書いています(少し難しい計算はありますが)イメージは残ると思います。コメントありがとうございました。ではでは。

名前:高松 (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。