Home  > スポンサー広告 > KTWR > KTWR > KTWR

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

KTWR

2010/03/09(Tue) 18:33

KTWR

・気まぐれUPです。お恥ずかしいですがKTWRの没カード(ぺらぺらですが)です。
当時の日本語放送でグアムへRepしました。周波数が不正確とのこと。しかも赤ぺんです。
かなりショックでしたよ。このころは周波数を毎週のようにコロコロ変えていまして、スカイセンサー5950の直読に自信があったのかはハテナですが、周波数が間違えていたようです。
近い周波数をRepしたのでしょう。なんとなくSONYの販売店に置いてあった機関誌「JUST IN YOUNG」の海外日本語放送の時間表(A4程度)の周波数を参考にしたような?
後に同局は周波数プラスマイナス10kHzまでは可となる緩和策があったようです。
リベンジを果たすべくWRTHをみると、要:IRC-3枚になっています。ボリすぎやろ~。また没覚悟でEメールで報告しようかな?ではでは。

スポンサーサイト

Category:KTWR

comment(4trackback(0

2010/03/09(Tue)21:57

本来放送局には返信の義務はないし、
このようなボツべりをわざわざ郵送する局は
良心的な局と言えるでしょうね。

今でもBBCはワールドサービスに対して
QSLを発行していません。
20年くらい前にリポートした時は
タワーブリッジの写真を使った
お礼カードが送られてきました。

名前:和歌山人 (URL) 編集

ちゃんと教えてくれるのですね!

2010/03/09(Tue)22:14

高松 様、こんばんは。

珍しいカードを拝見させて頂きました。QSLを発行できない理由をきっちり教えて下さる事は、ある意味親切な事とも言えますね。今ではこの様な局は少なくなり完全無視の局がほとんどですものね。私も昔、「R.Australia」の日本語課からQSLではなく、カレンダーのみ頂きました。(汗)最近では「VOT」も観光ガイドや栞だけでした。いろいろ思い出にはなっています。では。

名前:ひろむりん (URL編集

和歌山人さまへ

2010/03/10(Wed)00:31

何だかテストの引っ掛け問題に引っかかった感じでしたよ(笑)
BBCはお礼カードの時期があったのですね。当時のFEBC系にもあったような。ではでは。

名前:高松 (URL) 編集

ひろむりんさんへ

2010/03/10(Wed)01:03

この没カード持っている人は他にもいると思うのですが…他に探しましたら昭和53年の岐阜放送技術部の没カードがでてきましたぞよ(笑)当時のオーストラリアは超人気でしたので入れ忘れでしょう。VOTはラフですから?(笑)ではでは。

名前:高松 (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。